忍者ブログ
シャナク!(*呪いを解く魔法)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


その5からの続きでございます。
今回は動画作りの事とか。

これも結構悩みましたー。
曲調がこんな感じなので かわいらしい系の絵よりも
クールな感じが良いよなぁと思いつつ、
どうしようかと(笑

実際に描いてみると僕の画力では
思い通りのものにならない・・・(ノ∀`)

そこで!完成品に採用になったアイデアが浮かんだのです。
「WMPの視覚エフェクトを使おう」と(笑
ただWMPで再生してて「こんなのが良いよなぁ」って
思っただけなのですが(笑

早速、デスクトップ画面をキャプチャーできるフリーソフトを
見つけてきて録画。
(ちなみに パワー → ストロベリーシェイク のエフェクト)
当初はこれを画面いっぱいに表示で完成!でも良いかも、
と思っていたのですが
同じコマや空間がほとんど無いからなのかどうなのか
FLVに変換するとファイルサイズがやたらデカイ・・・
これは困ったと。。。
なので黒い余白がいっぱい出る配置に。
そこで今のようなレイアウトになりました。

すると、そこに手をかざしているリンの絵が欲しくなったので
描いてみました。
塗りは少しでもクール系な雰囲気にするために
滑らかなグラデーションタイプの塗り(陰影)にしてみました。
全身の絵を描いたのですが使うのは結局中央辺りのアップで(笑
(目が良い感じに描けなかったと言うのもあります・・)

タイトル表記の所の「word&music」ですが本来は
「words」と's'を付けるのですが
そうするとリンに文字が被るので取っちゃいました(笑
まぁいいかぁと言うノリで(笑

これだけでは寂しかったので何か後ろに動きのある絵が
欲しくなって、これもWMPのエフェクト
(バーとウェーブ → スコープ)を使うと事に。
しかし、この曲、音圧がなかなかのものでして
普通に曲を流すとずっと波形がMAX付近で揺らいでる感じで
もっとリズムに合わせてバシ、バシと動く感じにしたかったので
「ドラム+ちょこっと」なMIXを作って
それを再生した波形を録画しました。

フィルインやインパクトを付けたい場所等に
場面がハデになるような演出も入れてみました。

これは曲が出来て聴いている時にサビ前のギュイーーンって所で
たまたま左手の方にある空気清浄機のスイッチがオンになって
青いランプがパァーッと付いてゾクっとしまして(笑
「音と映像のリンク効果は凄いなぁ」と。
その時感じたものが出せたらと色々やってみました。

と、サクッと動画を作っているっぽく書きましたが
(他の秘話を読んでくださってる方は知っているかもしれませんが)
この時のPCは貧弱で動画エディタのプレビューでは
カクカクで細かいところをチェック出来ないので
毎回書き出してチェック、と言うのを繰り返しています。
書き出しも物凄い時間がかかります(笑

書き出し中はPCも使えないので読書タイムとなるわけですが
その時読んでいたのは
押入れから引っ張り出してきた「魔法陣グルグル」(笑
全巻読んでもまだ足りないくらい
動画作成時間(総書き出し時間)かかりましたよ(ノ∀`)
(読み出すと楽しくて書き出し終わっても読んでた・・・
 と言う時間もありますが/笑)

歌詞で書けなかった部分のストーリーを
エヴァの文字表記みたいな感じで
一瞬にバババッと出そうかとも思ったのですが
良い感じのフォント、配置、表記が出来なかったのでやめました(笑

そして、最後の文ですが・・・
入れようかどうか迷いました。
ちょっと悲しい結末なもので・・・。
英文にして さらに見えるか見えないか
ギリギリのものにしておいて、
知る人ぞ知る!みたいなものになれば良いかなぁと
思って今の感じにしました。

結局すぐにあっさりと解読されてしまいましたが(笑
ほんと皆さん凄いです(ノ∀`)
ちなみに英訳は友人に協力してもらったものです。
折角なので公式(笑)本文を張ります!
====================================== 英文
It was exactly a miracle.
The robot that obtained "Kokoro" kept singing.
She sang all of her feelings.

But the miracle lasted only a moment.

The "Kokoro" was far too big for her.
Unable to withstand that weight,
the machine shorted.
and was never to move again.

However, her face was filled with smile,
she looked like an angel.
====================================== 和訳
それはまさに奇跡でした。
"ココロ"を手に入れたロボットは歌い続けました。
思いを全てを。

しかし、その奇跡もつかの間。

"ココロ"は彼女にはあまりにも大きすぎました。
その大きさに耐えられず機械はショートし
二度と動く事はありませんでした。

しかし、その表情は笑顔に満ち溢れ
まるで天使のようでした。
======================================

これにてココロの作成秘話を終わりまーす!

前回の「まだまだつづくよ!」は「次で終わりだよ」の
合図なのでした(笑

とても長くなりましたが
読んでくださってありがとうございました~!(・▽・)ノ

///////////////////////////////////////

>yamamaiさん
あのイントロは実はこうだったのです(・v・
基本的に意味の無い言葉なので思い思いの言葉でも大丈夫です(笑
秘話、今回で終わりですが
今までで一番書きたい事があったので長くなりました~。
読んで下さって本当にありがとうございました~!

PR

その4からの続きでありまーす。
今回はミックスやボカロ入れの事とか。

ミックスですが当時のうちのPC(win2000)は
どうやらマシンパワーが貧弱で
(それなりにあったつもりだったのですが/笑)
曲のミックスデータだけでも激重で
歌を入れることが出来なかったので
カラオケ2MIXを作ってからそれに歌をミックスする
方式でやりました。

本来は歌に対してオケを、オケに対して歌を、
と同時に調整するのが良いのですがががが
出来ないので仕方なく(笑
(最終的に歌のみの2MIXを作ってそれを
 オケバラのミックスに再度持ってきて調整しました)

ミックスはいつも悩みますが
この曲がこの時は一番大変でした。
なんせ音数が多いので・・・
失敗するとうるさい音の塊になってしまうと言う。。。
何度も何度も微調整して・・・
そしてPCパワーが限界に達してフリーズ(笑
を何度も繰り返しまして
いやぁ苦労しました~;

これのせいかどうかは分からないですが
曲完成数日後にPCが壊れました(笑

歌(ボカロ)入れですが、イントロの部分で
「ア~~~~」とコーラスを入れようと当初から
思っていたのですが実際に「ア~~~」で入れてみると
なんだかイマイチだったので何か言葉を言わせてみようと。。。
特に意味の無い造語的なもので良いなぁと思ったのですが
意味の無い言葉ってどうしよう。。。と

そこで、この曲の元となった「エンドレス・ワード」
と言う言葉を使ってみようという事に。
と言ってもハッキリ言わせるのではなく
崩して何となく言わせて見る感じで
実際は何て言ってるかというと
「エ~~ンレ~~~~ンワ~~アアラ~~~」
「エ~~エ~~ンエ~~」
です。(いまvsqデータ開いて確認しました/笑)
基本的には意味の無い言葉であります。

イントロが元気良かったのにAメロで
声がちょっとオケに埋もれてしまうので
ディストーションを通して聞こえ易くしました。
ロボっぽい効果も出るかもと言う事も(笑

ロボっぽさが後半には人っぽくなるような
そんな感じにもしてみました。

「フシギ ココロ ココロ フシギ」
の所ですがここはロボっぽくしようとしてやったのではなく
どうエディットしてもロボっぽくなってしまうんです(笑
(同じ音程の連打だとそうなっちゃう傾向が強いのと
 +使用した言葉の相性の問題かもです)
主人公がロボで良かったと思う瞬間でした(笑

「なんて深く切ない」の後の「ア~~ア~~~ア~~~~~!!」
は見せ場&お気に入りの一つです。
声を入れた時、リンのパワフルボイス最高!!
と思った瞬間でした(笑

「この世に私を生んでくれて」の辺りは
先に書いた「フシギ ココロ・・・」と同じような
同じ音程を連打するタイプでベタ打ちだとロボ臭さが出てしまうのですが
ここは!ロボ臭くてはいけない!と
頑張ってなるべくロボっぽさをなくしてみました。

一先ず曲は全部完成して・・・やった!
そしてニコニコにアップするには
必要不可欠な動画作りへ・・・

・・・・まだまだつづくよ!

////////////////////////////////////////
>tomnさん
グリフィス絵にコメントありがとうございます!
初めて描いたのですが意外と上手く描けたかもです(笑
tomnさんもベルセルク好きですか!
趣味合いますね~(・▽・
ガッツですか!描けるかどうか分かりませんが
いつか描いてみようかと思います~!

>日向しんさん
どうもありがとうございます(ノ∀`)・゚・。(←せっかくなので/笑
作成秘話も読んでくださって、
ご感想ありがとうございます!
カラオケご支援もありがとうございます!
今日も1万票以上も!!ほんとにビックリ&感謝でございます!
何か投票を見ていると一人一人の1票が巨大な力になっていく
DBの元気玉みたいに見えてきております(゚∀゚)


その3からの続きでーす。
今回はアレンジの事とか。

その3で歌詞の事を一気に書きましたが
1サビ後からは曲と詞を同時進行で作りました。

特筆するところは。。。。まず、ベース。
完成形ではベースがピッチベンドでやたら
うみょんうみょん言ってると思いますが(笑
初めの段階ではそうなっていませんでした。
Bメロでベースをちょっと目立たせようと思って
Bメロ後半のベースをピッチベンドで うみょん、とさせてみたんです。
そしたら結構良い感じで・・・
全体的にやっちゃおうと(笑
でもやり過ぎはクドくなるのでやり過ぎない程度に
全体にちりばめてみました。

やり方は簡単で
ピッチ幅を最大にしてすでに出来ているベースラインを
良い感じになりそうな所に目をつけて
オクターブ上げ下げしてるだけです。

そして2サビ。
ここはこの曲を作ろうかなぁと思い出した時から
やってみたいと思ったことで、
シンセ系のサウンドの中に突然オーケストラ的なサウンドが
メインに入ってくるような。。。。
それを再現してみた箇所です。
フルオーケストラにしようかとも思ったのですが
ハデにしすぎると大サビのインパクトが薄れるのと
何より(音源的に)パート数が足りないのでやめました(笑

ドラム
バスドラが小節頭とかでドォォォォンと言うのを
やりたかったのでやってみました。
これはミックスまで持って行かないと出来ないので
MIDIの段階ではとても地味で
「地味だけど・・・ ハデになるはず!」と言い聞かせて
作ってました(笑
擬似的にステレオにしてリバーブ深めにしてます。

あと上記に似たような効果のフィルイン時のスネア連打。
これもMIDIの時は地味で不安でした(笑

その他。
結構ハデな音で来ていたので一番最後は安らぐような
サウンドで落ち着いて終わらせようと現状の様なものになりました。

この曲は出来た所まで何度も聴いて作ってを繰り返していたので
何度も聴くうちに飽きてきて 飽きないように付け足し、改良したり
してきたので結構内容の濃いものになったのではと思います(・▽・

・・・つづくよ!

////////////////////////////////////
>いっくすさん
ご投票ありがとうございます!
「頑張ろうよ」にもご支援して頂けるとは
嬉しいです!

>ミズ君さん
はじめまして!
ご支援ありがとうございます!
今見たら31500くらいでした!
び、びっくりです!1日に1万票も・・・!
嬉しすぎです。・゚・(ノ∀`)・゚・。
今月中に200位内は無理かと思っていたのですが
もしかしたら奇跡が・・・!?
CD作成も頑張りますね!


その2からの続きでございまーす。
今回は歌詞作りの事。

これが・・・ 大変でした;
サビでココロを得た瞬間の出来事を、
としたかったのでそれに似合う言葉を試行錯誤で埋めました。

ここまでは順調だったのです。
で、ココロを得るまでの経緯をとりあえず
歌詞に矛盾とかおかしな展開が出ないように
考えないとと言う事で
まず話を簡単に作りました。

すると・・・・
なんと言うことでしょう。
AメロBメロでは音符数(文字数)が
あまりにも足り無すぎると言う事に(・▽・;

これは相当悩みました。
もう全部別の歌詞にしちゃおうかと思ったくらい(笑

・舞台設定
・科学者の設定
・ロボットを作るまでの事
・ロボットが出来てからの事
・ココロ・プログラムを作成する事
・ココロ・プログラムが作動した経緯

などなど。。。詰めこめられない(笑
こう言う時は・・・
たった1行から10も20も想像が沸くような
そんな言葉を入れるしか無いという事で
無い知恵絞って頑張りました(笑

「出来栄えを言うなら"奇跡"」

ここにロボットが出来るまでの
前半のストーリーを圧縮しました。

この1行でロボットの完成度を表すと共に
それ以外の、それまでの工程だったり
科学者にとってこのロボットの存在価値などが
見えたらなぁ、想像してもらえたらなぁ
と言う思いで書きました。

ロボットとの暮らしはカット(笑
ココロ・プログラムを作り出す事は
入れないと始まらないので入れました。

そして一気に幾百年が過ぎます。
そうしないとサビまでに間に合わないので(笑
だけど

「アノ人ガ 命ノ終リマデ 私ニ作ッテタ」

で早送りした部分の出来事を回収すると共に
ココロ・プログラムを作る難解さ、苦悩などを
想像してもらえたらなぁと言う思いがあります。

もう文字数が無いので
仕方なくプログラムが作動する経緯などはカット;

ちなみに、僕の作ったストーリーでは
科学者はココロ・プログラムを完成出来ていません。
一生を掛けたところで「心」と言うものは
人に作れる様な容易いものではないと思ったからです。

と、大分内容を省くことになってしまったけど
ここまで出来たー(ノ∀`)

今の形になるまで何度も作り直しましたよ。
歌詞、の場合文字数制限があると共に
メロディに合う、ゴロが良い言葉にすると言う
2重の制限があるので
ボキャブラの乏しい僕では本当に悩みまくりで
何度も全く違う歌詞にしようかと思いましたよ(笑

後半の歌詞はココロを得てからの事なので
元ネタの「エンドレス・ワード」からの引用、改良で
行けるので前半より大分楽でした。

「ココロ フシギ・・・」 の辺りは
もうほとんどそのままで行けました(笑

「ココロ ムゲン」
その内容を「深く切ない」にしましたが
これはちょっと悩んだところでした。
喜びと悲しみが同じ量だけあった時、
悲しみ、負の力のエネルギーの方が
重いと思ったので「切ない」にしました。

「今 気付き始めた 生まれた理由を・・・」
からの2サビでABでカットしてしまった
科学者とロボットの暮らしの部分を
ちょこっと回収出来ました。

「今 言える 本当の言葉」

ここで元ネタの歌詞の重要な核となるものを
取り入れました。
「本当の言葉」とは
意味を理解して、さらにそこに心を込めて使う言葉。
と言う意味で使っています。
本当の「アリガトウ」をこれから言うわけです。

生み出してもらえた事、一緒に過ごせた事
科学者がくれた何もかもに対して。

「永遠に歌う」はこの時の心境。つかの間の事になりますが。

ちなみに最後のラ~ララ ラァ~ラ~
の後何を言ってるのかと、皆さん考えてくださったらしく
動画内でのコメントで色々書いてくださいましたが
(楽しく見せて頂いておりました|▽・) )

もちろん何を入れていただいても良いのですが
「トラボ~ル~タ~~」では無いです(笑

正解は ルララ~ル~ラ~~ です。
つまらなくてスミマセン・・・(笑

当初は「ありが~と~う~~」と入れる予定でしたが
最終的にもうここでは声になっていない
と言う設定にしました。


・・・つづくよ!

///////////////////////////////////////////
ゲストブックに書き込みありがとうございます!

>チョッパーさん
ココロに10票ありがとうございます~!
もちろん他の曲に入れて頂いても良いですよ~(笑
「ココロ・プロジェクト」は
数ヵ月後に全曲同時に入るより
1,2ヶ月毎とか短いスパンに1曲ずつとか入る方が楽しいかもー
と言うプロジェクトであったりします(笑

>ごいんきょさん
はじめまして!
書き込み、ご感想などありがとうございます!
投票も支援していただけて幸せです(ノ∀`)

>torotasさん
ご支援ありがとうございます~!
ピンスパ気に入って頂けて嬉しいです!


その1の続きです。
今回は1コーラス分の曲作りがメインですー。

と、前回書き忘れていたことが、
作ろうとしたきっかけの辺りに
4つ打ちの曲を作りたくなった、と言うのがありました(笑

と言うわけで、
ここまでで出来たのがBメロ、Cメロ、大サビ
と、妙なところから出来上がってしまいました(笑
(ここでのCメロはサビと言う意味では無いものとします)

ちなみにこの時点ではまだ本番打ち込みはしていなく
カケラ単位のラフ打ち込みのものです。
Aメロとサビのメロはなんとな~く頭の中にあったので
本番打ち込みしながら考えることに。

イントロ。。。大分何度か作り直しながらやった
記憶があります(笑
キーはEm。
初めはCM7、D、Em ・ と言うコード進行で
作ってたのですが、何かカッコ良過ぎになってしまって(笑
「カッコイイ」にも色々種類がありますが、
ゲームの戦闘曲的なカッコ良さで。
今回の曲はそう言う雰囲気では無いよなぁと、
CM7、Bm7の繰り返しにする事でその雰囲気を抑えました。

音色はシンセをメインで作るつもりで選んでいたのですが
シンセ音は今まであまり使って来なかったので
音色選びが分からないのです(笑
トランスでよくあるバッキング音
「テケテーテケテーテケテーテケテー」
は、どの音が良いんだろうと、、、、、

似たような音はいっぱいあるのですが
どうも自分がやると「なんちゃって感」が強いものに。。。
なので。。。使い慣れた生楽器系の音で
サウンドを補助していったら、、、、
補助と言うより競演な感じになってきまして
・・・まぁこれはこれで良いかと(笑

その流れのままAメロへ。メロは何となく頭に出来てたものをはめこんだら
イントロからずっとコード進行が同じになってしまったので
アクセントにと移調音を含むコードを入れたりしました。
そしてBメロへの繋ぎも移調音のあるコードで。

何気にこの「メロとメロの繋ぎ」と言う部分が
カケラ状態で作って置いた物を繋ぐ方式、の作曲法の時に
一番難しい箇所でして。

いかに自然に、違和感無く次のメロへ移れるか・・・
前のメロからのインスピレーションで作る方式の場合は
この悩みが無いのですがカケラ方式の時は悩みどころです。
どつぼにハマると物凄い時間悩んだり
時には曲を作る気力を失ったりします(笑
この時は割りとすんなり出来ました。

そしてお気に入りのBメロへ(笑
最初の8小節は既に出来ているのでサクっと出来たのですが
後半はちょっと悩みました。
サビはCM7から入る事は決めていたので
どうやって効果的に入ろうかなぁと色々やっているうちに
長めのブレイクを入れると言う今の仕様になりました。

サビは大サビと同じコード進行で。
この時点でのアレンジは完成形の60%くらいの状態
で一先ず1コーラス完成!(゚∀゚)ノ

・・・つづくよ!
===================================

おっと!書いて最中に!
「頑張ろうよ」7万再生ありがとうございます~(ノ∀`)・゚・。

///////////////////////////////////
>名無しさん
みっちり半年でお願いします

>ばすてぃさん
ばすてぃさんじゃないですか!
おおーご感想とばすてぃさんの素敵な考え
ありがとうございます!
水面下の件は今週末辺りに発表できそうな
感じ・・・かもです(゚∀゚)
アルバムもりもり頑張っとりますよ~!


[1] [2
  HOME   : Next  »
フリーエリア
ブログ内検索
無料アクセス解析
忍者ブログ [PR]